輝き新宿店の女優が多いデリヘル体験記!ヒュウにしようかナンリにしようか 風俗ルポライター玉三郎の夜遊び104

HOME > 輝き新宿店の女優が多いデリヘル体験記!ヒュウにしようかナンリにしようか

輝き新宿店のナンリちゃんの体験談

女性の方にはわからないと思いますが、チンコというのはつくづく扱いがむずかしい器官です。

ハツラツと元気いっぱいに勃起してチンコは、一見幸せそうに見えますが、内実は早く射精がしたくて苦しんでいるだけなんですね。チンコの先っぽからバルトリン氏液をじゅくじゅくと滲ませながら泣いているんです。

では反対に、なんだか精気がなく、萎みがちなチンコの場合はどうでしょう。こういうフニャチンもやっぱり綺麗な女子のオマンコに触れ、一刻も早くシャキっとした逞しさを取り戻したくて地団太を踏んでいるんです。

早い話が、我らがチンコって、元気なときも、沈みがちなときも、いつでもマンコを恋しがっているってことですね(笑)。

そのときわたしのチンコは、なんだかふさぎこんでおりました。理由はわかりません。最近、中年男の間で流行っている「チンコ鬱」が発症してしまったんでしょうか(笑)。

そこで、まあ、チンコに喝を入れてやりたくて、在籍デリ嬢700名をほこる業界最大手のデリ店「輝き新宿」に電話をしてみたんです。

輝き新宿店

こちらの店の母体は芸能プロダクションを運営しているらしく、そのノウハウを駆使して超ハイクオリティのデリ嬢が在籍しているようです。でも、それ、本当なんですかね?

はい。本当でした(笑)。

ネットで検索するとヒュウというコンパニオンが女優という噂でしたが、わたしの部屋に現れたのはナンリちゃん(20才)。

まばゆいばかりの美しいお顔とモデル並みのスタイルを併せ持った超絶的な美少女でした。

彼女をひと目みただけで、わたしの「チンコ鬱」は治りました(笑)。

美しい女子のお顔とオマンコを交互に観察するのは、わたしにとって至福の時間です。

彼女のオマンコは端正なお顔とは反対に、とってもワイルドな形状をしておりました。小陰唇がダイナミックに羽を広げ、クリトリスは逞しく包皮を持ち上げています。

陰核をそうっと撫でてあげると、キュキュっとアヌスを絞って、マンコから透明な愛液が垂れてきます。

すると、ナンリちゃんは、

「わたしって、すごく敏感なんです〜」

はにかんでそういいました。

か、か、か、か、かわいいいいいいい!

ナンリ

これだけ綺麗な女子と絡み合っていると、正直、テクニックなんか二の次ですよね。

というか、なにをされても美しさに比例して、受け取る快感が倍増してしまうんですね。

だってわたしの黒ずんだゴボウめいたチンコを、彼女の真っ白い歯をした清潔そうな小さなお口が、チュパチュパペロペロフグフグしてくれるんですよ。

素股の際には、「バタフライ小陰唇」を広げて陰茎から亀頭にかけてヌルヌルネチョネチョと縦横に揉んでいただきました。

わたしがドドドドドッピューンと豪快な射精をしたことは、いうまでもありません。

ありがとう、ナンリちゃん。

わたしのチンコはそれからまた逞しさを取り戻しました。わたしは勃起し続けています!

なので、早くまた豪快な射精がしたくて苦しいです(笑)。

※写真は撮影できませんでしたのでセフレの写真を使用しています


次の記事 > 鶯谷のデリヘルで基盤できた体験記


利用したお店の情報

店名

輝き新宿店

利用したコンパニオン

ナンリ

料金

60分22000円

お店のHP

http://www.d-kagayaki.com