鶯谷のデリヘルで基盤 風俗ルポライター玉三郎の夜遊び104

HOME > 鶯谷のデリヘルで基盤

鶯谷のデリヘルで基盤

じつはわたし、鶯谷にとっても気に入っているデリヘルがあるんです。

でも、店名は申し上げられません。

このレポートを読んでお客が殺到したら困るからです。それで、摘発でもされた日には、私のチンコは淋しさのあまり、むせび泣きます。

察しのいい方は、もうおわかりですよね。

はい。このデリヘルには基盤のデリ嬢がいるんです。

風俗通のみなさんなら「基盤」の意味はご存知ですよね?

え? ご存知ない?

ではご説明しましょう。

鶯谷の写真

「基盤」というのは「基本プレイに本番が組み込まれている」という意味の風俗用語です。つまり、追加料金もなんにもなしで、「マンコ挿入」ができるってことです。

ちなみに「円盤」という風俗用語もありますが、こちらは「お店に内緒で嬢にチップを支払うと本番ができる」という意味になります。まあ、裏金とかワイロに相当するやり取りですね。

鶯谷のデリ店というのは、そもそもが基本料金の相場が格安です。そこへもってきて基盤ができるとなると、わたくしども風俗ユーザーとしてはたいへん利用価値の高い優良店ということになります。

わたしはこれまでにすでに8回ほど、この店の基盤嬢にお世話になっています。

デリヘルの写真

一般に基盤ができる嬢は「ドブスが多い」といわれています。

「自分があんまりドブスなもんだからマンコでもさせないことには指名がかからない」そういうタイプのデリ嬢です。で、店には内緒でマンコを自分の「売り」にしちゃってるわけです。

ところがわたしが懇意にしているその嬢は、ドブスなんかじゃありません。まだ若いし、お顔もスタイルも、むしろいけてるほうなんじゃないかと思います。

では、なぜ彼女が基盤を採用しているかというと、

「えー、だって本番しちゃったほうが楽じゃん」

ということのようです。

彼女にとっては全身を使って長時間客をマッサージするよりは、頃合いをみて本番をしてもらったほうが疲れないのだそうです。

それで結局、指名が増えるわけですから、彼女にとっては一石二鳥なんですって。

合理的なような気もしますが、うーん、どうなのでしょう。彼女はちょっと変わったデリ嬢なんです。

基盤の写真

もちろんお店は彼女が基盤をやっていることなんて知りません。

なので、彼女との本番行為は、とりあえず私と彼女だけの「秘密」ということになります。

で、この「秘密を共有している」って感じがまたいいんです。なんだか自分だけが彼女と親密になった気がするんですね。(もちろんわたしだけじゃなく、彼女の常連客は、みなその秘密を共有しているわけなんですが)

どうでしょう。ここはひとつ、みなさんも鶯谷を訪ねて基盤嬢を探してみませんか?

中年男にとって安息の場所になること請け合いです(笑)。

次の記事⇒ビジホに呼びつけた割り切り希望のOLのハメ撮り