サポ待ち掲示板 風俗ルポライター玉三郎の夜遊び104

HOME > サポ待ち掲示板

サポ待ちの掲示板で援交女と遭遇

いつも使っている掲示板には、しばしば「サポ待ち」と称する女子が投稿をあげています。

べつだん今始まったことではありません。出会い系ではもう見慣れた投稿です。

でも、そもそも「サポ待ち」ってどういう意味の出会い系用語なんでしょう?

あらためて訊かれると、うまく答えられません。

女子によっては「サポ・ホ別・苺」という感じで「サポ」という単語をつかっています。

サポの写真

でも、これってただ「援交」を「サポ」に言い換えただけですよね。

一方、ネット上には「サポ待ち掲示板」というような無料サイトもあり、そこに投稿している「サポ待ち女子」たちは、20万以上の出会い系とは桁の違った「サポート」を期待していたりします。(しかし、それを真に受けて大金を「サポート」する男ってほんとにいるんでしょうか? そのへんはわたしにもよくわかりません)

まあ、「サポート」という言葉自体がいろいろな意味を含んでいるので、そうなっちゃうんでしょうね。

そんなことを考えてしまったのも、先日Jメールで24才の「サポ待ち女子」とアポ取りしてみたからです。

Jメールの写真

彼女の「サポート依頼」は、やはり一般的な援交とはちょっと違っていました。

彼氏が闇金に手をだし、自分までその返済に巻きこまれている。ついては今月分の利子を支払うため、どうしても今日中に8万を都合しなければならない。とりあえずオマンコと引き替えにいくらかのお金をお借りしたい。必ず後日返済するのでサポートしてもらえないだろうか。

依頼の内容はおおむねこんな感じです。

どう考えてもそんなのウソに決まってます。

しかし、営業戦略的にはどうなのでしょう。こんな空々しいウソに騙される男がいると思っているのでしょうか。

ふふふ。だったら逆に、彼女のその「甘さ」につけこんでやるか。

おじさんの胸に、ちょっとした悪巧みが芽生え、それで彼女と会ってみることにしたんです。

掲示板の写真

予想通りといいますか、彼女には借金苦を連想させるような「暗さ」は微塵もありませんでした。

洗練されたアクセサリーを身に着けた華やかな美人でした。

「初めまして。H子です!」

なんだか笑顔もハツラツとしています。

それでも「今日中に8万円が必要」という設定は譲ろうとしません。つまり、わたしからどうにかして8万を引きだそうとしているのです。なんて図々しい女なんでしょう。

わたしはなんだか腹がたってきました。

「後日、必ず貸した金は返すといってたよね?」

わたしがそういうと急に女の顔が曇りました。

「ええ、まあ……」

「だったらまず身分を確認させてもらえないかな。免許証とか持ってないの?」

「あ、免許は持ってません……」

「保険証は?」

「忘れました……」

「じゃあ、別の方法で担保をとっておきたいんだけど、それでもかまわないね」

「……」

わたしは女をラブホに連れ込むと、有無もいわせず携帯写メでマンコやアナルを撮りまくりました。

「もし、金を返さなかったら、この写真をネットに流出させちゃうからな」

女はこれ見よがしに舌打ちして、結局8万円を4万円まで値引きしました。

「無理だね。じつはいま、1万しか持ってないんだ」

「……」

女は唇を噛んで、1万で合意しました。

「悪いけどその1万はサポじゃなくて援交料金だよ。それなら返さなくても文句ないでしょ」

この女は悪女なんでしょうか。バカなんでしょうか。わたしにはよくわかりません。

ちなみに保存した写メは、たっぷりオマンコしたあとに消去させられました(笑)。

次の記事⇒ビジホに呼びつけた割り切り希望のOLのハメ撮り